味噌汁は毎日食べても大丈夫?気になる答えはカリウムにあり!

11ce339a759c85a66227f9c48c841655_s

味噌汁にはたっぷりカリウムが含まれていて、気になる味噌の塩分を気にしなくてもいいんです。味噌汁は日本の伝統食ですよね。長寿大国、日本を支えているのは味噌汁かもしれませんよ。1日1回味噌汁を飲んで、健康な体づくりをしていきましょう!

味噌汁は、毎日食べると体に悪いの?

味噌と言えば発酵食品の一つとして有名ですね。発酵食品は体にいいものという認識がありますが、どうしても気になるのがお味噌の塩分です。お味噌は大豆と塩と麹(こうじ)からできていますし、塩分の摂りすぎは体に悪い!という事実もあります。でも、お味噌汁には『カリウム』というミネラルの一つが多く含まれているのです。『カリウム』は体にとってとても大切や役割を果たしてくれているのです!

味噌汁の注目すべきは塩分よりカリウム?!

味噌汁の味噌はお塩を使って作られていますから、どうしても塩分が気になりますよね。最近では、減塩味噌として販売されている味噌もあるぐらいです。普通のお味噌の塩分が高いのではないかとどうしても気にしてしまいますね。

塩分は気にしなくても大丈夫

厚生労働省の推奨する塩分摂取目標値は、以下の通りです。

  • 男性:8g
  • 女性:7g

しかし、高血圧や腎臓病の方は塩分の摂取量に気をつけなければいけません。1日6g以下が目標値になっています。さて、問題なのは味噌汁に含まれる塩分量ですね。お味噌の量が多ければ塩分量も比例して大きくなります。濃い味噌汁ほど塩分量が多いのです。一般的には、お味噌汁1杯につき:1.5〜2.0gと推定されています。この塩分量は、1日3回きちんと食事をしている中でわずかな数字だと思いませんか。どうしても塩分が気になるという人は、味噌汁と作るときにだしを多く入れてだしをきかせれば、味噌を入れるのが少なくすみます。ただし、手軽な顆粒だしパックの場合、そのだしに塩が含まれていることがありますので、気をつけてくださいね。

カリウムが塩分を排出してくれる

味噌汁の注目すべきことは、『カリウム』です。『カリウム』はもともと体内にもありますが、多くはありません。そもそも『カリウム』は、血圧が高くなるのを抑えたり、老廃物の排出を促したりする働きがあります。。つまり『カリウム』が余計な塩分を体内から出してくれるのです。体に塩分なの蓄積してはいけませんよね。体内に足りない『カリウム』を意識してとるようにしないといけないのです。

味噌汁を毎日食べて健康になれる理由

8637b310b3cd98acc668d7d6a05034ee_s

先ほどからお話していますが、味噌汁には『カリウム』が含まれています。『カリウム』は実は水に溶けやすいという難点がありますが、味噌汁ですと、汁ごと飲みますよね。汁に溶け出したカリウムをとることができるのです!他にも味噌汁には健康維持のメリットがたくさんあります。

  • 体を温める
  • 味噌にはアミノ酸も含まれ、ご飯と一緒に食べると栄養がバッチリ(たんぱく質)
  • 食物繊維もあり腸内環境によい
  • 心臓病や脳卒中、骨粗鬆症の予防など
  • 味噌汁の具に含まれる栄養も同時にとれる

味噌に含まれるカリウムがむくみに効く

『カリウム』は老廃物を排出してくれる働きがありましたね。むくみは、体内に余分な水分が溜まってしまい起こる現象です。むくみ解消には、やはり体内から余計なものを出さないといけません。体内から出すには『カリウム』の力が欠かせないのです。

糖の消化吸収を遅くしてダイエット効果

味噌の熟成中にメラノイジンという成分が生まれます。味噌の褐色の部分と考えてください。そのメラノイジンが、糖の消化吸収を遅くし、食後の血糖値の上昇を抑えてくれます。腸内環境が整うことで、便通はもちろんのこと、基礎代謝をアップして脂肪の吸収を穏やかにしてくれるのです。他にも味噌にはビタミンB群も多く含まれ、脂質や糖質の燃焼を促進してくれますので、ダイエット効果もあるのです。

乳酸菌で腸内環境が改善できる

味噌は発酵食品であるのはご存知の通りです。体に良い菌があるのですが、味噌からは植物性乳酸菌が発酵過程で生まれます。ヨーグルトやチーズは動物性乳酸菌なのですが、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも整腸作用が強いんです!生きて腸まで届いてくれるのですから。ただし熱に弱いので、味噌汁を作るときには、火を止めてから味噌をとくなど火をいれすぎないようにしてくださいね。

汁ごと飲んで水に溶けた具の栄養素もとれる

味噌汁は、具なしで飲むことなんてほとんどないと思います。豆腐であったり何かはあると思いますが、野菜やきのこ類など、調理過程で水に溶け出してしまう『カリウム』を無駄なくとることができますし、『カリウム』以外の栄養も同時にとることができます。

味噌汁にプラスして効率よくカリウムがとれる具は?

ただ味噌汁を飲むのではなく、『カリウム』をより多くとりましょう。

しめじやえのき等のきのこ類

きのこ類は、年中あまり季節に関係なく手にいれることができますよね。しかもスーパーで手頃な値段で購入することができます。きのこもカリウムが多い食材です。

ほうれん草やたまねぎ等の野菜

野菜には、旬がありますね。旬の時に食べるのが美味しく、栄養も高いです。ほうれん草もカリウムを多く含んでいます。ジャガイモなど芋系もカリウムを多く含んでいますので、お味噌汁に入れてしまいしょう。

わかめやひじき等の海藻類

海藻類は食物繊維が多い食材として知られているのではないでしょうか。『カリウム』も多く含まれているんですよ。食物繊維も一緒に含まれていますから、より便通を促してくれそうです。

忙しいあなたへ!すぐ食べられる簡単味噌汁

具を切って鍋に入れて、味噌をとけば味噌汁の出来上がり!ですが、味噌汁にはだしが必要ですし、作るのが面倒に思うこともありますよね。そんなアナタにオススメする簡単味噌汁があります。それは、フリーズドライの味噌汁です。自分で用意するのはお湯と味噌汁のお椀だけ。しんどい時は、楽しましょう。

おすすめのフリーズドライ味噌汁

フリーズドライは、栄養の損失も少なく、味や香りもそのまま、長期保存が可能ととても便利なんです。体がしんどいなという時だけでなく、非常食として置いておくのもいいですね。

 

①アマノフーズ おみそ汁

バラエティセットや、減塩タイプ、28食・50食・100食セットと種類が豊富にあります。アマノフーズは、フリーズドライのパイオニア的存在であり、使う野菜も国産の野菜で安心感があります。

 

②永谷園 みそ汁

永谷園といえば、インスタントのお茶漬けのイメージがあるかもしれませんが、フリーズドライの味噌汁も販売しています。味噌汁の具や味にバラエティがあり、1袋100円からと値段も手頃ですので、まず1回試してみようと思う方にはオススメです。

カリウムたっぷりの味噌汁で健康習慣

味噌汁はあまり塩分を気にせず、『カリウム』をとるために飲みましょう!味噌イコール塩分という考えは変わりましたか?お味噌に含まれる塩分も『カリウム』の働きで、体内から出してくれます。むくみはもちろんのこと、病気の予防やダイエット効果まで、体にいい栄養がたっぷり味噌汁に詰まっています。実は味噌汁は万能薬と言われる食べ物だそうです。健康のために1日1杯の味噌汁、できれば朝に味噌汁を飲んでくださいね!