カリウム不足による「アルカローシス」の症状が怖い【過度なダイエット厳禁】

カリウム不足で起こる「アルカローシス」という症状を知っていますか?聞きなれない言葉ですが、私達の身近に存在する怖い症状です。どのような原因でアルカローシスが起きてしまうのか、そしてその症状、予防方法について知っておきましょう。

カリウム不足による「アルカローシス」とは?

血液のアルカリ性度が高くなりすぎてしまうアルカローシスの原因は複数ありますが、カリウムが不足することが原因でも起きる症状です。では、アルカローシスとは何か詳しく見てみましょう。

「呼吸性」と「代謝性」が存在

アルカローシスとは、体の体液が通常よりもアルカリ性に傾いた状態を言います。アルカローシスには、呼吸性アルカローシスと代謝性アルカローシスの2種類が存在します。呼吸性は激しい呼吸の為に引き起こされる症状で、代謝性は呼吸以外の体内の代謝によって引き起こされます。

この代謝性アルカローシスの原因に、カリウムの不足があるのです。カリウムが不足している状態は、身体にとって非常に危険な状態です。酷い場合には、筋肉の痙攣や自律神経失調、麻痺などの症状が起きることがあります。

似た症状に「アシドーシス」も存在

体液がアルカリ性に傾いてしまったアルカローシスに対し、体液が酸性に傾いた状態をアシドーシスと呼びます。呼吸性アシドーシスの場合は、呼吸不全により二酸化炭素が体内に蓄積したことで起きます。代謝性アシドーシスの場合は、酸性物質が排泄されない場合などに引き起こされます。アルカローシスと同様に、そのまま放置してしまうと危険な症状です。

低カリウム血症が原因

アルカローシスの原因である「低カリウム血症」について詳しくみてみましょう。どうして低カリウム血症になってしまうのでしょうか?

1.カリウム摂取不足

カリウムは、常に体内で使われている陽イオンです。食事などで体外から摂取するカリウムの量が少なければ、低カリウム血症が引き起こされる原因となります。

2.腎臓からのカリウム喪失 

鉱質コルチコイドなどの副腎皮質ホルモンの働きにより血清ナトリウム濃度が上昇することで、腎臓からのカリウムの排泄が促進され、結果として体内のカリウム量が減ることで低カリウム血症になります。

3.細胞内へのカリウム移行

甲状腺ホルモンの影響などで、血液から細胞内へとカリウムが移動すると、血症中のカリウム量が減ってしまいます。それにより低カリウム血症が引き起こされます。

4.腎臓以外からのカリウム喪失 

下痢や嘔吐などで、大量の消化液や体液が体の外に排泄されてしまうと、一緒にカリウムも大量に排泄されてしまいます。それにより、低カリウム血症が生じることがあります。

嘔吐などのアルカローシス症状について 

アルカローシスによって引き起こされる症状には様々なものがあります。

吐き気

主に呼吸性アルカローシスによって起きます。低カリウム血症で消化管の動きが悪くなることで引き起こされると考えられています。

倦怠感

低カリウム血症により筋肉に影響が出ることで、脱力感や倦怠感を感じます。

頭痛

血圧が上がることで、頭痛が起きると考えられています。

眠気他

血液中の酸素濃度の低下が引き起こされるため、睡眠障害や不安、イライラなどの症状がおきる可能性があります。

嘔吐

低カリウム血症により消化管の動きが悪くなることが原因で、嘔吐の症状が出ることがあります。

便秘

体内のカリウムが減ると、消化管の動きが悪くなります。腸の動きが悪くなることで便秘になることがあります。

アルカローシスを予防するには?

怖い症状のアルカローシスを予防するにはどうしたら良いでしょうか?簡単にできる予防方法をチェックしてみましょう。日常生活において、ちょっとしたことを気をつけるだけで、アルカローシスを予防することができますよ。

基本的には低カリウム血症を予防

体内のカリウム量が減り、低カリウム血症になることでアルカローシスは発生します。ですので、基本的な考えとしては低カリウム血症を予防する生活にすれば良いわけです。

食事からカリウムを多く摂る

カリウムは、食材から簡単に摂取することができます。普段の食生活において、カリウムが多く含まれている食材を積極的に摂るようにすると良いでしょう。

カリウムが多く含まれているのは、バナナなどの果物や野菜、豆類などです。これらを多く摂りましょう。

過度なダイエットは控える

過度なダイエットを行い、吐き戻しや浣腸などを行っている人は、大量の体液が身体の外に排泄されていることになる為にアルカローシスになりやすい状態になっています。また、食事量を減らし、カリウムを充分量摂れていない場合も低カリウム血症になる危険性が高くなっています。過度なダイエットは控え、しっかりとバランスの良い食生活を送るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です