カリウムが夏バテ防止になる理由

辛い夏バテを、カリウムが防止してくれるということを知っていますか?夏に起こりやすいカリウム不足はとっても危険です。カリウムの不足によって起きる症状を避けるためにも、上手にカリウムを摂って快適に夏を過ごしましょう。 カリウム不足が引きおこす夏バテ…辛い カリウム不足で起きてしまう症状には、一体どのようなものがあるでしょうか。夏バテという一言で片付きやすい症状の中には、危険なものもあります。 便秘や食欲不振が続く カリウムが不足してしまうと、消化管の動きが悪くなります。消化管が元気に動いてくれないと、食欲も無くなり、栄養の吸収が悪くなってしまいます。また、腸の動きが弱くなると、便を肛門まで運ぶスピードが遅くなり、便秘になってしまうことがあります。 危険な低カリウム血症の誘発 身体のカリウム値が少なくなると、「低カリウム血症」という症状になる危険性が高くなります。低カリウム血症は、疲労や高血圧、不安、イライラなどの症状を引き起こします。 血圧が高くなって顔がむくみまくる カリウムが不足することで身体の中の水分が溜まりやすくなります。そうすると、血圧も上がってしまいますし、余分な水分が身体の外に出ていかない為にむくみの症状が出てきます。 最悪の場合不整脈で死に直結 カリウムが不足している状態を甘く見ると、不整脈により死に至ることがあります。カリウムは心臓の働きに必要な成分なので、カリウム不足により心臓の心拍数やリズムが乱れてしまう危険性があるのです。 なぜ夏にカリウム不足が起こる? どうして夏にカリウム不足が起きやすいのでしょう?考えられる要因をチェックしてみましょう。 汗と一緒にカリウムを失う 夏になると、暑くてたくさん汗をかきますよね。汗をたくさんかくことは、汗と一緒にカリウムも身体の外に出てしまう為に、カリウム不足になる原因になります。 暑くて食事が偏りがち 暑くて冷たいアイスばかり食べている、栄養バランスを考えない食事を摂っているという人は、カリウム不足に注意が必要です。食事でカリウムが十分に摂れていないと、カリウムが不足してしまいます。 カリウムの効果ってなんだろう? 不足してしまうと大変なことになるカリウムは、身体の中でどのような働きをしているのでしょうか? 代謝を活性化させる効果アリ! カリウムは、身体の構成する細胞の浸透圧を維持する働きがあります。細胞の水分などのバランスをとることで、代謝を活性化させ身体を健康に保ちます。 腎臓の力を最大限に引き出してくれる! カリウムは、腎臓でナトリウムを排泄するときに必要な成分です。腎臓がしっかり機能する為には、カリウムが必要なんですよ。 血圧を正常に保つ役目も カリウムをしっかり摂ることでナトリウムを排出を促し、身体の中の余分な水分を出すことで、血圧が高くなるのを防ぐ効果があります。 筋肉の収縮までもをスムーズに! カリウムは筋肉の収縮に関わっています。筋肉が正常に動くためには、カリウムの力が必要です。 1日どれくらい摂取量のおすすめは? 生命活動に必要なカリウムは、1日どのくらい摂れば良いでしょうか? 成人男子の場合 成人男子の場合、必要な1日のカリウム量は2,500mgです。 アボカドなら約350g(約2.5個)、切り干し大根(乾燥)なら、約78gにカリウムが2,500mg入っています。 成人女子の場合 成人女子の場合、必要な1日のカリウム量は2,000gです。 アボカドなら約280g(約2個)、切り干し大根(乾燥)なら、約63gにカリウムが2,000mg入っています。 取り過ぎても尿で排泄? 健康な人の場合、カリウムの取り過ぎを心配する必要はありません。摂りすぎたカリウムは、尿と一緒に身体の外に出ていきます。 カリウム含有量ランキング カリウムが多く含まれている食材のランキングを見てみましょう。様々な食材にカリウムは含まれていますが、一番手軽にカリウムを摂りやすいバナナがおすすめです。 バナナであれば、食事のデザートやおやつとして手軽に食べられますよね。フルーツの中でも、バナナに含まれているカリウムの量はダントツです。 アボカド1個 1,000mg とうもろこし 500mg バナナ1本 390mg ほうれん草 370mg 納豆 330mg キウイ 320mg さつまいも 450mg じゃがいも […]

カリウム不足による「アルカローシス」の症状が怖い【過度なダイエット厳禁】

カリウム不足で起こる「アルカローシス」という症状を知っていますか?聞きなれない言葉ですが、私達の身近に存在する怖い症状です。どのような原因でアルカローシスが起きてしまうのか、そしてその症状、予防方法について知っておきましょう。 カリウム不足による「アルカローシス」とは? 血液のアルカリ性度が高くなりすぎてしまうアルカローシスの原因は複数ありますが、カリウムが不足することが原因でも起きる症状です。では、アルカローシスとは何か詳しく見てみましょう。 「呼吸性」と「代謝性」が存在 アルカローシスとは、体の体液が通常よりもアルカリ性に傾いた状態を言います。アルカローシスには、呼吸性アルカローシスと代謝性アルカローシスの2種類が存在します。呼吸性は激しい呼吸の為に引き起こされる症状で、代謝性は呼吸以外の体内の代謝によって引き起こされます。 この代謝性アルカローシスの原因に、カリウムの不足があるのです。カリウムが不足している状態は、身体にとって非常に危険な状態です。酷い場合には、筋肉の痙攣や自律神経失調、麻痺などの症状が起きることがあります。 似た症状に「アシドーシス」も存在 体液がアルカリ性に傾いてしまったアルカローシスに対し、体液が酸性に傾いた状態をアシドーシスと呼びます。呼吸性アシドーシスの場合は、呼吸不全により二酸化炭素が体内に蓄積したことで起きます。代謝性アシドーシスの場合は、酸性物質が排泄されない場合などに引き起こされます。アルカローシスと同様に、そのまま放置してしまうと危険な症状です。 低カリウム血症が原因 アルカローシスの原因である「低カリウム血症」について詳しくみてみましょう。どうして低カリウム血症になってしまうのでしょうか? 1.カリウム摂取不足 カリウムは、常に体内で使われている陽イオンです。食事などで体外から摂取するカリウムの量が少なければ、低カリウム血症が引き起こされる原因となります。 2.腎臓からのカリウム喪失  鉱質コルチコイドなどの副腎皮質ホルモンの働きにより血清ナトリウム濃度が上昇することで、腎臓からのカリウムの排泄が促進され、結果として体内のカリウム量が減ることで低カリウム血症になります。 3.細胞内へのカリウム移行 甲状腺ホルモンの影響などで、血液から細胞内へとカリウムが移動すると、血症中のカリウム量が減ってしまいます。それにより低カリウム血症が引き起こされます。 4.腎臓以外からのカリウム喪失  下痢や嘔吐などで、大量の消化液や体液が体の外に排泄されてしまうと、一緒にカリウムも大量に排泄されてしまいます。それにより、低カリウム血症が生じることがあります。 嘔吐などのアルカローシス症状について  アルカローシスによって引き起こされる症状には様々なものがあります。 吐き気 主に呼吸性アルカローシスによって起きます。低カリウム血症で消化管の動きが悪くなることで引き起こされると考えられています。 倦怠感 低カリウム血症により筋肉に影響が出ることで、脱力感や倦怠感を感じます。 頭痛 血圧が上がることで、頭痛が起きると考えられています。 眠気他 血液中の酸素濃度の低下が引き起こされるため、睡眠障害や不安、イライラなどの症状がおきる可能性があります。 嘔吐 低カリウム血症により消化管の動きが悪くなることが原因で、嘔吐の症状が出ることがあります。 便秘 体内のカリウムが減ると、消化管の動きが悪くなります。腸の動きが悪くなることで便秘になることがあります。 アルカローシスを予防するには? 怖い症状のアルカローシスを予防するにはどうしたら良いでしょうか?簡単にできる予防方法をチェックしてみましょう。日常生活において、ちょっとしたことを気をつけるだけで、アルカローシスを予防することができますよ。 基本的には低カリウム血症を予防 体内のカリウム量が減り、低カリウム血症になることでアルカローシスは発生します。ですので、基本的な考えとしては低カリウム血症を予防する生活にすれば良いわけです。 食事からカリウムを多く摂る カリウムは、食材から簡単に摂取することができます。普段の食生活において、カリウムが多く含まれている食材を積極的に摂るようにすると良いでしょう。 カリウムが多く含まれているのは、バナナなどの果物や野菜、豆類などです。これらを多く摂りましょう。 過度なダイエットは控える 過度なダイエットを行い、吐き戻しや浣腸などを行っている人は、大量の体液が身体の外に排泄されていることになる為にアルカローシスになりやすい状態になっています。また、食事量を減らし、カリウムを充分量摂れていない場合も低カリウム血症になる危険性が高くなっています。過度なダイエットは控え、しっかりとバランスの良い食生活を送るようにしましょう。

カリウムをおすすめレシピで美味しく効率的に摂取しよう!

カリウムがたっぷり摂れるレシピなら、効率よくカリウムを摂取できます。むくみが気になる人や外食が多い人、高血圧が気になる人などは特に、カリウムを積極的に摂ることが必要です。毎日の食生活で美味しくカリウムを摂っていきましょう。 カリウムって何? カリウムという名前は知っていても、具体的に身体の中でどのような働きをしているのか知らない人は多いと思います。まずはカリウムについて知っておきましょう。 カリウムが体にもたらす効果は? カリウムは、細胞内の浸透圧や酸アルカリ平衡を保つ作用があります。また、ナトリウムによる血圧上昇を抑える作用もありますよ。神経や心臓、筋肉の活動にも必要です。カリウムが不足してしまうと、身体がむくんだり、筋肉の力が弱くなったり、血圧が高くなったりしてしまいます。 カリウムを多く含む食品を知ろう! カリウムは様々な食品に含まれています。野菜や果物などのカリウムを多く含む食品を食べることで、効率よくカリウムを摂取することができますよ。まずはカリウムが多く含まれている食品について知っておきましょう。 カリウムの多い食品 100gあたりのカリウム量(mg) 切り干し大根 3,200 アボカド 720 モロヘイヤ 530 バナナ 360 ズッキーニ 320 腎臓を優しく包む「低カリウムの煮びたし」 なるべく沢山摂りたいカリウムですが、腎臓の機能があまり良くない人は注意が必要です。その場合は、こちらのレシピで程よくカリウムを摂取するようにしましょう。温かいまま食べても美味しいですが、冷やして食べるのもおすすめです。冷やすことで、味が良く染み込みます。 材料(1人分) 低カリウムレタス:60g しめじ:15g 生揚げ:25g かつおだし:85g 減塩しょうゆ:5cc みりん:3cc レシピ 鍋にかつおだしを入れる。しょうゆとみりんを入れ、ひと煮立ちさせる。 しめじ(小房に分ける)と生揚げ(一口大に切る)を鍋に入れ弱火で8分煮る。 レタスを入れ、軽く火を通す。 出来上がり。 むくみをすっと消す「きゅうりの塩麹だし」 きゅうりのカリウムで、身体の水分を排泄させてむくみを取り除きます。お肌の調子も良くなり、身体に良い酵素も摂れるレシピです。 材料(3人前) ナス:小さめのもの1本 きゅうり:半分 みょうが:2本程度 大葉:3枚 塩麹:大さじ1杯 だし汁:大さじ3杯 にんにく(すりおろし):小さじ1杯 いりごま(お好みで):少々 レシピ 茄子を小さめのサイコロ状に切る。 アクを抜くために水に浸けておく。 きゅうりをサイコロ状に切る。大葉、ミョウガを細切りにしておく。 ナスの水を切り、きゅうり、みょうが、大葉と合わせ、調味料と混ぜる。 これで減塩!?「ズッキーニのからしマヨネーズ和え」 カリウムがたっぷり含まれているズッキーニなら、塩分排泄効果抜群です。減塩マヨネーズを使えば、美味しく減塩できますよ。 材料 ズッキーニ:80g マヨネーズ:小さじ2杯 マスタード:お好みの量で […]

カリウムは果物で摂ると効率的?多く含んでいるのはコレ!

果物に含まれるカリウムはむくみ解消の強い味方。でも、いったいどんな果物を食べたらいいの?カリウムは大量に摂っても大丈夫?そんな疑問を解決すべく、カリウムの効果や病気との関係、果物のカリウム含有量ランキングなどを分かりやすくご紹介します。 果物にはカリウムが多いって本当? 果物には美容に効果のある成分がたくさん含まれていますが、カリウムもその一つ。特に旬の果物は栄養価が高いといわれているため、カリウムの効果も大きく期待できます。 カリウムを多く含む果物は? いったいどのような果物にカリウムが多く含まれているのでしょう?カリウム含有量の多い果物を調べてみました。 アボカド(720mg) バナナ(360mg) メロン(350mg) キウイ(300mg) さくらんぼ(260mg) ざくろ(250mg) ※いずれも100gあたりの量 バナナ、アボカド、メロン、キウイなどはカリウム含有量も高いので、少量で効率よく摂取できます。「果物のカロリーが気になる」という方におすすめです。どれもスーパーなどで気軽に買えるものばかりなのがうれしいですね。 ドライフルーツにもカリウムは入っている? 実は、ドライフルーツにもたっぷりカリウムが含まれています。その含有量を見てみましょう。 乾燥バナナ(1300mg) 干しあんず(1300mg) 干しいちじく(840mg) 干しぶどう(740mg) 干し柿(670mg) 干しプルーン(480mg) ※いずれも100gあたりの量 どれもカリウム含有量が非常に高いですが、これは100gあたりの量だから。たとえば干し柿は小さめのもので約30g前後なので、670mgのカリウム摂取を考えるなら3つほど食べる必要があります。大量に摂取するというよりは、「ちょっとつまんでカリウム補給」というくらいに考えた方がよさそうです。とはいえ、ドライフルーツ独特の濃厚な風味を楽しみながら、効率よくカリウムを摂ることができるのは大きなメリット。ぜひ取り入れていきたいですね。 缶詰の果物でもいいの? 缶詰の果物は生のものよりカリウムが少なくなっています。その理由は、カリウムが水溶性であること。つまり缶詰のシロップに溶け出してしまっているのです。カリウムの効果を期待するなら、ぜひ生の果物を積極的に摂りましょう。 美味しくカリウムがまるごと摂れる 果物でカリウムを摂るメリットは、調理しなくても食べられる手軽さにあります。実はこの「調理いらず」というのが重要なポイント。先述のとおり、カリウムは水に溶けだす性質があるため、調理をすると減少してしまうのです。カリウムを手軽に美味しく摂ることができる果物は、忙しい現代人の強い味方なのです。 美容にも効果 果物にはカリウムだけでなく、ビタミン、ミネラル、食物繊維など他の栄養素も豊富です。ビタミンは美肌には欠かせない栄養素で、ミネラルと同時に摂取することで効果を最大限に発揮します。食物繊維は言わずと知れたお通じの強い味方。老廃物を体外に排出する手助けをしてくれます。トータルで体内環境を整えてくれる果物は、美容に欠かせない存在なのです。 そもそもカリウムの効果とは? むくみ解消 むくみの原因は? カリウムはナトリウムと密接な関わりがあり、互いにバランスを取り合いながら体内の細胞を正常に維持しています。ところが体内のナトリウム濃度が高くなると、体は水分を貯め込んでナトリウム濃度を下げようとする性質があります。この過剰に水分を貯め込んだ状態が「むくみ」の正体です。 カリウムの働き カリウムには細胞内液の浸透圧を一定に保つ働きがあり、これにより体内の余分なナトリウムが汗や尿と同時に排出されます。その結果、水分が適切な量に保たれ、「むくみ」が解消されるのです。 血圧を下げる 高血圧の原因は? これにもナトリウムの摂取が関係しています。体内のナトリウム濃度が高くなると、体内の水分量が高くなり、血管壁の細胞も水で膨らんだ状態になります。これにより血管が圧迫され、高血圧を引き起こします。 カリウムの働き カリウムは血管壁の細胞に取り込まれたナトリウムを水分とともに血液中に排出させます。その結果、血管が広げられ、血圧の低下につながります。高血圧を放置しておくと、脳卒中や心疾患を引き起こす恐れも。高血圧を指摘されたら減塩を心がけると同時に、カリウムを積極的に摂取していきましょう。 筋肉の働きを良くする 筋肉が動く仕組み カリウムとナトリウムは、筋肉が動く仕組みにも密接にかかわっています。細胞内にあるカリウムと細胞外にあるナトリウムが、細胞膜を出たり入ったりすることで電気信号が生まれます。これが筋肉の伸縮を引き起こし、骨格筋や内臓を含む全身をコントロールしています。 こんな症状に注意! 「疲れやすい」「足がつりやすい」そんな時はカリウムが不足している可能性も。また、夏バテは汗と一緒にカリウムが失われることが原因とも言われています。カリウムは毎日をスムーズに過ごす上でなくてはならないもの。日常の食事でどうしても不足してしまう場合は、サプリメントで補うのもよいでしょう。 カリウムは一日にどのくらい摂ればいい? 一般成人の摂取目安量 成人男性で2,500mg、成人女性で2,000mgがカリウム摂取の目安量とされています。特に日本人は食事での塩分摂取量が一日約13gと、欧米に比べて多め。塩分つまりナトリウムを尿中に排出するはたらきのあるカリウムは、日本人にとっては欠かせない存在なのです。通常の食事量であればカリウムの過剰摂取を心配することはないので、積極的に摂っていきたい栄養素です。 腎機能に問題のある人は注意 健康な人には有益なカリウムですが、腎機能に問題がある人は要注意。カリウムは通常であれば腎臓で尿中に排出されますが、腎臓の働きが低下している場合、それが十分にできなくなります。結果として体内にカリウムがどんどん蓄積され「高カリウム血症」を引き起こし、不整脈や心不全の原因になることも…!腎臓の以上を指摘された方は、カリウムの摂取を控えたほうがよいでしょう。 カリウムを効果的に摂る方法2つ 1. 水につけ過ぎない! カリウムは水溶性なので、水にさらすとどんどん流出してしまいます。食べる際にあまり念を入れて洗ってしまうと、カリウムが溶け出してしまう恐れも。カリウムの働きを最大限期待するなら、果物の汚れをさっと取る程度に、短時間で洗うのがよさそうです。 2. […]

腎臓病の人はカリウムの摂りすぎに注意!食事で減らす方法は?

必須ミネラルの一つであるカリウムを、腎臓病の人は制限する必要があることをご存じですか?カリウムと腎臓の関係を知らなければ注意をすることができません。今回は、カリウムが体に与える影響と、カリウムを摂り過ぎないための食事療法を解説していきます。 カリウムが多いと腎臓病にどのような影響がある? 腎臓病は、腎臓の機能が低下してスムーズに働けなくなる病気です。腎臓の機能低下が進んだ状態を腎不全と言いますが、腎不全には薬や多量の出血が原因で急激に腎臓の働きが悪くなる「急性腎不全」と、時間をかけて腎臓の働きが悪くなる「慢性腎不全」があります。 急性腎不全は適切に治療をおこなうことで、腎臓の機能が回復する可能性はあります。しかし、慢性腎不全の場合は、低下した腎臓の機能を回復させることは難しく、薬物療法や食事療法などで腎臓の機能低下の進行を遅らせる治療がおこなわれます。 カリウムを制限する理由 カリウムは人体に重要な栄養素である必須ミネラルの一つです。カリウムは主に体の細胞内の体液である細胞内液に存在して、神経や筋肉の働きをサポートするとともに、血液やリンパ液などに含まれるナトリウム(塩分)の量を調整する役割があります。 体内のカリウムは、役目が終わると老廃物になり90%が尿により体外に排泄され、残り10%は便で排泄します。しかし、腎臓病で腎不全が進むと、体内の老廃物を排泄する機能は低下して、カリウムが尿から排泄することができなくなり体に不調をきたします。そのためカリウムを制限する必要が出てきます。 高カリウム血症の危険 高カリウム血症とは、体内の血液に含まれるカリウムの量が一定の範囲を超えている状態です。腎臓病で老廃物を尿として体外へ排泄することができなくなると、血液中のカリウムの濃度が高くなります。血液に含まれるカリウムの基準値の範囲は3.5~4.8mEq/Lですが、5.5 mEq/L以上になると高カリウム血症の診断がくだされます。 ■高カリウム血症の症状 吐き気や嘔吐 筋力の低下、脱力感 知覚過敏 不整脈 血液中のカリウムの濃度が7~8mEq/Lを超える高カリウム血症では、脈が速くなる頻脈性不整脈から心停止が起こり、命の危険につながることもあります。 一日のカリウムの摂取量は? 一日に必要なカリウムの摂取量は、健康な成人の男性で2,500mg 、女性は2,000mgです。ただし、この摂取量は腎臓の機能に問題がなく、不要になったカリウムの排泄がスムーズにできる人にあてはまる数値になります。 腎臓病の人の一日のカリウム摂取量は、およそ1,500mgです。摂取が可能なカリウムの数値は、血液検査の結果などをもとに、医師と相談して具体的な目標の数値を決めます。 カリウムが多く含まれる食品・野菜 カリウムは野菜、果物、海藻などの植物性食品や、肉や魚などの動物性食品など多くの食材に含まれる栄養素です。そのため、日頃から口にすることが多いですので、摂取量を控えるには、カリウムが多く含まれる食品を知っておくことが重要になります。 野菜や果物に多い ■カリウムを多く含む野菜(100gあたりの含有量mg) 切り干し大根(乾燥)/3,200 かんぴょう(乾燥)/1,800 パセリ/1,000 ほうれん草/690 ユリ根/690 里いも /590 大豆(ゆで)/570 サツマイモ/540 モロヘイヤ/530 にら(生)/510 ■カリウムを多く含む果物(100gあたりの含有量mg) 干しぶどう/740 アボカド/720 干し柿/670 プルーン(乾燥)/480 バナナ/360 メロン/350 キウイフルーツ/290 さくらんぼ(米国産)/260 ざくろ/250 パパイヤ/210 野菜や果物に含まれるカリウムの量は、生よりも乾燥させた状態のほうが含有量は増えます。果物でカリウムを多く含むバナナは、100gが中サイズ1本分、メロンは1/8カット分に相当します。甘いフルーツは食が進みやすくなりますが、食べ過ぎには注意しましょう。 カリウムが少ない食品には、フルーツはリンゴ、みかん。野菜では緑豆もやし、カイワレ大根などがあります。 ご飯や麺、肉類も多め 主食になるご飯や麺にもカリウムは含まれています。ご飯はお茶碗1杯(200g)で58mg、ラーメンは100gあたり60mg、そばは34mgになります。主食は1回にカリウムを摂取する量は少なくても3食摂ることを考えると注意が必要です。 また、カリウムは日常的に食べられる肉類にも多く含まれています。カリウムを多く含む肉類には、100gあたりの鶏ささみ420mg、豚ひれ肉410mg、豚もも肉350mg、牛ひれ肉(輸入)370 mg、牛もも肉(輸入)340mgなどがあります。 意外に多いインスタントコーヒー インスタントコーヒーに含まれるカリウムは、100gあたり3,600mgと非常に多いです。100gは小さじスプーン1杯半に相当し、インスタントコーヒー1杯で1日の摂取量を大きく超えてしまうため注意が必要です。コーヒーを飲む場合は、レギュラーコーヒーを選ぶと、コップ1杯でカリウムを65mgに抑えられます。 低カリウムレタスというものがある […]

カリウムって副作用はある?腎臓の弱い人は気をつけて!

身体に必要な成分のカリウムには、実は副作用があるって知っていましたか?腎臓の弱い人は特に注意が必要なんです。カリウムが過剰になっても、不足しすぎても身体には良くありません。カリウムによって起こる症状と危険性について知っておきましょう。 カリウムの作用による副作用とは? それでは、カリウム過剰による副作用にはどのようなものがあるのか見てみましょう。 多く摂っても体外に排出される カリウムは食品に含まれています。食事などでカリウムを摂る場合は、副作用はほとんどありません。多少多く摂ったとしても身体の外に排出されるからです。 腎臓の弱い人は要注意! 普通であれば多く摂っても問題のないカリウムですが、腎臓の弱い人は注意が必要です。なぜなら、腎臓の機能が弱っている場合、上手く尿を作り出すことができません。そうするとカリウムが身体の外に排出されにくくなり、身体にどんどん蓄積してしまうのです。カリウムが身体に蓄積してしまうと、高カリウム血症の危険性が高くなります。 高カリウム血症ってどんな病気? カリウムが身体に蓄積してしまうことで起きる「高カリウム血症」とは、一体どのような病気なのでしょうか?身体にはカリウムが必要ですが、様々な要因により血液中に含まれているカリウムの濃度が高くなると、高カリウム血症を発症してしまいます。 どんな症状? 高カリウム血症の症状は、手足がしびれたり、不整脈や頻脈、筋力の低下、吐き気などがあります。カリウムは筋肉や心臓の働きに大きく関わっている為、カリウムの濃度が高くなりすぎるとこのような症状がでてきます。 高カリウム血症のリスクが高い人 高カリウム血症になる可能性が高い人について知っておきましょう。 腎機能に問題のある人は注意 腎臓の機能が弱くなっている人は、カリウムには十分に注意が必要です。カリウムは腎臓の働きで身体の外に排泄されるので、腎機能が低下している人は身体にカリウムが蓄積しやすくなっているのです。 腎臓病に使用する降圧剤やARB、抗菌薬バクタなどによる副作用も 腎臓に働いて血圧を下げる利尿薬や、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬と呼ばれるARBという薬を使用していると、薬の副作用で高カリウム血症になることがあります。抗菌薬であるバクタと一緒にこれらの薬を併用することで、更に高カリウム血症の危険性が高くなります。 治し方は? 高カリウム血症になったら、すぐに適正な治療が必要になります。どのような方法で治療をするのでしょうか? 利尿薬の使用、点滴療法 身体の外に過剰になったカリウムを出すために、ラシックスなどの利尿剤を使用して尿量を増やす方法があります。また、カリウムによる不整脈を防ぐ為に、カルシウム剤を点滴することもあります。 食生活でカリウム制限 高カリウム血症になったら、食べ物で摂取するカリウムの量を減らす必要があります。カリウムの多い食材を避けたり、調理方法を工夫してカリウム量を少なくすることで、摂取するカリウムを減らすことができます。 サプリは過剰摂取となりやすい? カリウムはサプリメントで摂取することもできます。サプリメントでカリウムを摂る時の注意点について理解しておきましょう。 摂取量に気を付ける サプリメントでカリウムを摂る時は、1日の摂取量に注意することが大切です。成人男性の1日摂取量は2,000mg、成人女性の1日摂取量は1,600mgが基準となっています。これを超えすぎないように注意しましょう。 食品でも十分摂れる カリウムはサプリメントに頼らなくても、食品から十分に摂取することができます。主に、野菜や果物に多く含まれていますよ。カリウムが多い食品で代表的なのは、バナナや切り干し大根、アボカドなどです。ナッツや海藻類にも多く含まれています。 低カリウム血症にも注意したい カリウムが過剰になる高カリウム血症も危険ですが、逆にカリウムが少なすぎる低カリウム血症にも注意が必要です。 ・症状 低カリウム血症の症状は、高血圧や浮腫み、脱力感などが挙げられます。高カリウム血症と同様に、すぐに対処しないと命に関わる危険な病気です。 極端なダイエットや下剤の使用が危ない? 低カリウム血症の原因に考えられるのが、極端なダイエットや下剤の使用です。食事制限によるダイエットで食品から摂取するカリウム量が減ると、低カリウム血症になる可能性があります。また、下剤を頻繁に使用していると、体液と共にカリウムも身体の外に大量に排泄されることになり、低カリウム血症の原因となるのです。 漢方の甘草による副作用でも発症  漢方でも、実は低カリウム血症になることがあります。これは、漢方に含まれている甘草という生薬によるものです。長期間に渡って、甘草を含む漢方を大量に飲むと、低カリウム血症になりやすくなります。 治療法は? 低カリウム血症の治療は、不足しているカリウムを補うことが大事になります。カリウムを多く含む食材を食べたり、カリウムのサプリメントを飲んだりすることで、効率よくカリウムを摂取することができます。 必要な栄養素なので適量を摂取しましょう 身体を正常に保つにはカリウムが必要ですが、カリウムの量が多すぎて過剰になっても、少なすぎても良くありません。高カリウム血症も低カリウム血症も、すぐに治療が必要な恐ろしい病気です。腎臓の機能が弱い人は特に注意が必要ですよ。カリウムの副作用について良く理解し、適正な量を摂取するようにしましょう。

カリウムが多い食品は?たくさん食べればむくみも解消!

むくみに良いと言われるカリウムは、どのような食品に多く含まれているでしょうか?皆さんが健康な生活を送るためにも、カリウムがたくさん含まれている食品や効率よく摂る方法、おすすめレシピをチェックしてみましょう。 血圧を下げてむくみを取る?カリウムの働きとは 私達の身体には、カリウムが欠かせません。では、カリウムはどのような働きをしているのでしょうか? 血圧を下げる カリウムの働きの1つに、血圧を下げる働きがあります。カリウムは身体の中の余分な塩分を身体の外に排泄させ、血圧を下げるのです。 妊婦さんのむくみ解消にも 妊娠すると羊水や血液量が増えることで、妊婦さんの体液量はとても多くなります。妊娠中の悩みの1つに、むくみがあるのはそのためです。カリウムは身体の水分を排出させる働きがあるので、妊婦さんのむくみの解消に役立ちます。 筋肉 カリウムは、筋肉を構成する筋細胞の収縮に大きく関わっています。筋肉が正常に動くには、カリウムが必要なのです。 カリウムが多い食品!おすすめは? 様々な食品に含まれているカリウム。沢山カリウムが含まれている食材で、効率よく摂りたいですよね。 野菜 野菜に多く含まれているカリウムですが、その中でもほうれん草、切り干し大根に多く含まれています。ほうれん草には100gあたり690mgものカリウムが含まれています。切り干し大根には、なんと100gあたり3,200mgもカリウムが入っていますよ。 果物 果物にも多くカリウムは含まれています。干しぶどうには、100gあたり740mg。アボカドには100gあたり720mgのカリウムが含まれています。 海藻 海藻類でも、たっぷりとカリウムを摂ることができます。乾燥こんぶでは、100gあたり5,300mg、とろろこんぶには100gあたり4,800mgもカリウムが入っていますよ。 果物の中でもバナナは秀逸 干しぶどうやアボカドなどの果物にもカリウムは多く含まれていますが、その中でもバナナは100gあたり360mgもカリウムが入っています。バナナは手軽に食べることができますし、他の果物よりも効率良くカリウムを摂ることが可能です。 ナッツもカリウムが豊富 ナッツもカリウムを摂るのに最適な食材です。落花生には100gあたり770mg、アーモンドには100gあたり740mgものカリウムが入っていますよ。 効率よく摂取する方法 効率よく食材からカリウムを摂取するにはどうしたら良いでしょうか? 1日の摂取量はどのくらい? カリウムの1日の摂取量は、成人男子では2,500mg以上、成人女子では2,000mg以上を摂取することが望ましいとされています。高血圧の予防を目的とする場合は、3,500mgの摂取を目標にすると良いでしょう。 調理法 カリウムは水に溶けやすい性質をもっています。茹でたり、水にさらすことでカリウムは減ってしまいますので、食材を生で食べるのが一番効率の良い方法となります。 吸収阻害要因 せっかく摂ったカリウムの吸収が悪くなってしまうと、体内に取り込まれずに身体の外に沢山カリウムが出てしまいます。カリウムの吸収を悪くする原因に、アルコールや利尿剤があります。アルコールも利尿剤も、尿の量を増やす働きがあるため、カリウムが尿と一緒に身体の外に出てしまうのです。 カリウムがたくさん摂れるレシピ それでは、カリウムをたっぷり摂れるレシピをご紹介しましょう。カリウムの多い食材を使うことがポイントです。 ほうれん草とひじきのカリウムたっぷりお手軽キッシュ 【材料】 ほうれんそう:1/2束 たまねぎ:1/2個 乾燥ひじき:4g ウィンナー(粗挽きのものが良い):4本 食パン(10枚切りか12枚切りのもの):4枚 とろけるチーズ:80g 卵:5個 生クリーム:100cc 牛乳:50cc 塩コショウ、ナツメグ」少々 白ワイン:適量 【作り方】 ほうれん草は塩ゆでして、3cm程度の長さに切る。 玉ねぎをスライスし、ウインナーは1cm程度に切る。 ひじきは洗ってから水で戻しておく。 熱したフライパンに油をひき、透明感が出るまで玉ねぎを炒める。 ウインナー、ほうれん草、ひじきを加えてさらに炒める。 塩コショウをしたら、白ワインを加えて香りを付ける。 ボウルに卵を割り入れ、生クリームと牛乳を加えてる。塩コショウ、ナツメグで味を整える。 バターを塗った耐熱容器に食パンを敷き詰め、その上からフライパンで炒めた具を広げ、解きほぐして味付けした卵を流し、最後にとろけるチーズを乗せて180℃のオーブンで約20分焼き上げる。 トッピングにみじん切りにしたパセリをふりかけると良いですよ。 ひじきもほうれんそうもカリウムがたっぷり含まれていますので、効率よくカリウムを摂取することができます。 […]

高血圧な人にはカリウムサプリメントがおすすめ!効果や副作用について解説!

高血圧を予防したい人には、カリウムサプリメントがぴったり!カリウムを摂ることで、健康な身体を保つことができますよ。カリウムサプリメントの効果や、注意すべき副作用についても解説します。あなたもカリウムが不足しているかも? カリウムサプリの種類【DHCやファンケルが有名】 有名なのはDHC製品 大手サプリメントメーカーであるDHCでは、むくみを改善する「メリロート」というサプリメントを販売しています。これはカリウムサプリではなく、血管を拡張させることで血液の流れを良くし、身体の中の余分な水分を外に排出しやすくさせるサプリメントです。 身体に水分がたくさんありすぎてしまうと、血圧が上がる原因となりますので、むくみを改善させることは血圧を正常に保つことにも繋がります。 実際に飲んでみた人の口コミを見てみると、飲み始めて数ヶ月で足が細くなり、ジーンズがスルリと履けるようになったという声や、飲んだ翌日に顔や手足のむくみが改善したという声がたくさんありました。しっかりと効果の出るサプリメントということがよく分かりますね。 ファンケル製品も有名 無添加化粧品や健康食品などを扱うファンケルも、身体の余分な水分を取り除く「メリロートキュットレスト」というサプリメントを取り扱っています。こちらもカリウムが配合されているわけではありませんが、しっかりとむくみを取り除くことで身体を軽くし、血圧を下げる効果もありますよ。 他のサプリメントよりもむくみがよく取れたという口コミや、飲んでいるとむくみが引いて楽になるという口コミがありました。 どんなサプリメントを選べばいい? サプリメントを選ぶ時は、値段以外にもカリウムがどのくらい含まれているかどうかもチェックしましょう。メリロートのような血液の流れを改善させる成分も一緒に配合されているサプリメントだと、より効果が期待できます。 カリウムサプリを飲むべき人 カリウムは食事から摂ることができますが、次の特徴に当てはまる人はカリウムサプリを飲むと良いでしょう。 仕事のせいでご飯の時間が不規則 仕事が忙しくて食事の時間が十分に取れない人や、しっかりと栄養バランスの整った食事を食べることが難しい人は、カリウムを必要量摂取できていない可能性があります。カリウムサプリで、普段不足しがちなカリウムを補えると良いですね。 甘いもの・コーヒー・お酒が好き 甘いものをたくさん食べる人、コーヒーやお酒をたくさん飲む人は、カリウムが身体の外へ排出しやすくなっています。普段食事から摂取している量では、身体の外に出る量の方が多くなってしまうためにカリウム不足になる可能性があります。 忙しいしストレスも多い 仕事や家庭での忙しさやストレスにより食生活が乱れている人は、カリウム不足に注意が必要です。暴飲暴食をしたり、偏った食生活を送っていては、身体の機能を維持するための十分なカリウム量を摂取できません。 濃い味が好き 濃い味が好きな人は、ナトリウムの摂り過ぎの可能性があります。ナトリウムを摂りすぎてしまうと、カリウムがナトリウムと一緒に身体の外に排泄されてしまうので、カリウムが不足してしまいます。 毎日元気に過ごしたい 毎日元気に、そして健康に過ごしたいのであれば、カリウムサプリでたっぷりとカリウムを摂ると良いでしょう。カリウムは高血圧の予防やむくみの解消など、身体を元気に保つための様々な効果があります。 カリウムサプリの効果 カリウムサプリを摂ることで、どのような嬉しい効果があるでしょうか。 高血圧や動脈硬化を予防してくれる! カリウムは身体の余分な塩分を排出し、血圧を下げる作用があります。高血圧を予防することで、動脈硬化や心臓病の予防にもなりますよ。 低カリウム血症も予防! 身体のカリウムの量減りすぎてしまうと、低カリウム血症になってしまいます。カリウムが身体の外に多く出やすい人は、カリウムサプリでしっかり予防しましょう。 むくみをきれいに改善! カリウムは身体の余分な水分を排出する作用があるので、気になるむくみを改善させて身体をすっきりさせることができますよ。 カリウムサプリの副作用 食事で摂る分には副作用の起きにくいカリウムですが、サプリメントで摂取することで副作用が現れる可能性があります。 大量摂取は厳禁! カリウムサプリメントを大量に飲むことで、健康を損なう可能性があります。カリウムの大量摂取は絶対に止めましょう! 高カリウム血症を誘発 体内のカリウム量が多すぎると、高カリウム血症を引き起こします。筋力が低下したり、吐き気や四肢の痺れ、不整脈といった症状が出る危険性があります。 腎不全発症の可能性も カリウムが身体の外に出ていかずに身体に蓄積してしまう場合、腎臓の機能が十分に働いていない可能性があります。 飲み合わせにも気を配る カリウムサプリを飲む時は、他のサプリや薬との飲み合わせにも注意しましょう。 飲み合わせによる誘発可能性が0ではない 他のサプリメントも併用している場合、カリウム摂取の重複が起きてしまう可能性があります。重複してカリウムを摂ることで、高カリウム血症などの副作用が起きてしまいます。 心配なら医師と相談 サプリメントに限らず、医師から処方されている薬を飲んでいる場合も、カリウムサプリとの飲み合わせが悪い場合もあります。心配であれば、かかりつけの医師に相談してみましょう。 サプリに抵抗がある人は食品で摂取 カリウムをたくさん摂りたいけれど、サプリメントを飲むのはちょっと…という人は、食事でしっかりとカリウムを摂るようにしましょう。 バランスナンバーワンは「パセリ」 パセリは、100gあたりのカリウム量が1,000mgと、食材の中で一番と言って良いほどのカリウムの含有量を誇ります。毎日の食卓でなるべく食べる機会を増やしてみましょう。 「豆みそ」もおすすめ 豆味噌は、100gあたりのカリウム量が930mgです。カリウムは豆類にも多く含まれているので、豆味噌はこんなにたくさんのカリウムを含んでいるんですね。 意外にも多いのが「よもぎ」 よもぎは100gあたりのカリウム量が890mgで、意外と多くカリウムを含んでいます。よもぎもちや、よもぎパンなどで摂取できますね。 「こんぶ佃煮」もおすすめ こんぶ佃煮は、100gあたりのカリウム量が770mgです。佃煮には塩分も含まれているので、摂り過ぎには注意しましょうね。 […]

カリウム不足による危険な症状とその原因を紹介!最近よく足がつる人必見!

カリウム不足はとても危険ということを知っていますか?私達にとって重要な働きをしているカリウムが不足してしまうと、かなり危険な症状が出てしまうんです。「最近足がよくつって辛いなあ」と思っている人は、その原因はカリウム不足なのかもしれませんよ! カリウムってそもそも何? 良く耳にする「カリウム」は、一体どのような働きをしているのでしょうか。まずはカリウムについて知る所から始めてみましょう。 カリウムは腎臓・心臓機能を助ける カリウムは、腎臓や心臓の機能にとって重要な成分です。腎臓でナトリウムを排泄させる時にカリウムは必要ですし、心臓の動きを正常に保つ働きもあります。 水分を調整してむくみを解消してくれる カリウムは、身体の余分な水分を身体の外に排泄させる作用があります。むくみは身体の中に水分が貯まりすぎている状態です。カリウムをしっかり摂ることで、身体の水分バランスを整え、むくみを解消してくれます。 【要チェック】カリウム不足による症状と病気 カリウムが不足している状態では、どのような症状が出るのでしょうか。思い当たる症状がある場合は、カリウム不足の状態になっている可能性がありますよ! 最近足がつりやすくなった! カリウムが不足すると、筋肉の状態が正常に保ちにくくなります。筋肉が興奮状態になり、足がつる事が増える可能性があります。 なんだかずっと疲れてる 身体のバランスを整える効果があるカリウムは、不足することで身体がだるくなったり、疲れやすくなることがあります。 高血圧になりやすくなってる 血圧が上がっている原因は、カリウム不足により身体の中に溜まってしまった水分やナトリウムが原因かもしれません。 不整脈をよくおこす 心臓の働きを調整するカリウムが不足すると、不整脈を起こしやすくなります。 おしっこがでにくくなってきた… 身体の余分な水分を排泄されるカリウムが不足した場合、尿量が減って尿が出にくくなります。 脳卒中も起きてしまう! カリウムが不足して高血圧の状態が長く続いてしまうと、脳の血管が破れて脳卒中になる危険性が高くなります。 めまいがよく起きる カリウム不足で心臓の機能が弱くなり、脳に十分な血液量が届かなくなると、めまいが起きやすくなります。 最近便秘気味… 腸は、カリウムが不足すると動きが悪くなります。腸が良く動かないと、便が肛門までなかなか運ばれなくなってしまいます。 最近イライラしやすい… 神経が過敏になり、イライラしやすくなります。 呼吸困難によくなる… 全身の筋肉の動きが悪くなり、呼吸がしにくい状態になることがあります。 カリウム不足になる原因はなに? カリウムが不足してしまう原因は一体何でしょうか。考えられる原因を挙げてみました。 単純に摂取不足が原因かも? 栄養バランスが偏った食事をしていたり、極度のダイエットなどで食事の量が非常に少なくなっている場合、カリウムの摂取不足になることがあります。 何らかの病気になっている 病気によっては、腎臓からのカリウムの排泄が増加することがあります。クッシング症候群や原発性アルドステロン症などの病気では、カリウムの喪失に注意する必要があります。 腎臓機能が低下している可能性もあり! 腎臓の機能がうまく働かず、腎臓からカリウムの排泄が増加してしまうことがあります。 消化管機能低下により失っているかも 消化管の機能が低下し、下痢が長期間続いている場合はカリウムが不足する可能性があります。 カリウム不足を誘発する薬を飲んでいる? 利尿剤や緩下剤などの薬の中には、カリウムの排泄を促進させる効果があるものがあります。気になる人は、主治医に確認しましょう。 下剤で強制的に排便している人 ダイエットなどの目的で頻繁に下剤を使用している人は、便と一緒に体液も大量に排泄されていることになります。排便と一緒に、カリウムも身体の外に出てしまいますので注意が必要です。 カリウムのおすすめ摂取食事方法 カリウムは、様々な食品に含まれています。より効率よくカリウムを摂取するために、おすすめの食材について確認しておきましょう。 カリウムを多く含む食材 食品100gあたりのカリウムの含有量を見てみましょう。 果物 野菜 豆類 アボカド 720mg 切り干し大根 3,200mg 大豆(乾燥) […]

ナトリウムとカリウムの違いって何?むくみを解消してくれるって本当なの?

ナトリウムとカリウムは、どちらも身体の機能を正常に保つために必要な成分です。似ているようで、異なる働きを持つナトリウムとカリウムについて解説します。気になるむくみにも、ナトリウムとカリウムは密接に関係していますよ。 ナトリウムとカリウムって何?違いは? ナトリウムとカリウムは、どちらも食事から摂取することができます。それぞれどのような働きがあるのでしょうか。多く含まれている食品についても見てみましょう。 ナトリウムとは ナトリウムは骨や細胞外液に多く存在しており、筋肉や神経を正常に保つ作用があります。ナトリウムの摂り過ぎは高血圧を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞の引き金となりかねません。ナトリウムは食塩以外にも、みそなどの食塩系調味料に多く含まれているため、現代の食生活ではナトリウムの過剰症が問題になっています。 カリウムとは カリウムは、ナトリウムと同様に生命を維持するのに必要な栄養素です。体液中よりも細胞内に多く存在し、ナトリウムを身体の外へ排出されるのを助ける作用があります。また、筋肉の収縮に大きく関わっているため、カリウムを摂ることは筋肉を正常に保つために必要です。 多く含まれる食品比較(食品100gあたり) ナトリウムとカリウムが多く含まれる食材をチェックしてみましょう。ナトリウムは、注意しないと1日の推奨摂取量を超えてしまいます。特に、日本人は食事からナトリウムを必要以上摂っている傾向にあります。 ナトリウム カリウム 梅干し 8,700mg 切り干し大根(乾燥) 3,200mg しょうゆ(薄口) 6,300mg パセリ 1,000mg みそ(赤) 5,100mg アボカド 720mg こんぶ佃煮 2,900mg ほうれん草 690mg めんたいこ 2,200mg 納豆 660mg ナトリウムとカリウムの目安摂取量 ナトリウムの目標食塩相当量 年齢 男性 女性 1~2歳 3.0未満 3.5未満 3~5歳 4.0未満 4.5未満 6~7歳 5.0未満 5.5未満 8~9歳 5.5未満 6.0未満 10~11歳 6.5未満 7.0未満 12歳以上 8.0未満 7.0未満 カリウムの目安摂取量 […]